ED 原因 精力剤

40代のEDは危険サイン?勃たない3つの原因と精力剤の関係

ED(勃起不全)の原因や改善方法はいろいろあります。

 

その中で、最も自分に合った改善方を知りくはないですか?

 

なぜ、いきなり勃たなくなったのか?
なぜ、ヤル気はあるのに萎えたり中折れしたりするのか
不安になることがあると思います。

 

原因がわからなければ、例え精力剤を試しても効果が無い場合があるんです。

 

あなたの行動がムダにならないためにも、
EDの原因を知っておいたほうが良いでしょう。

 

40代の男性は危険!EDの原因を調査

 

今の日本でEDで悩んでいる男性は1300万人とまでいわれいます。

 

現代病になりつつある傾向があり、悩んでいるのはあなただけでは
ないということがわかるでしょう。

 

40代男性の25%がED

 

EDとは、勃起機能が低下することを指し「途中で萎える」
「中折れ」「思うように勃たない」などの症状。

 

ヤリたくても勃たないという男性は、日本人の4人に1人がEDであり、
40歳を過ぎた頃からグ〜ンとEDの確率が上がり、歳を60過ぎると
約分数の男性がEDだといわれている。

 

 

40代男性の25%がガンで死亡

 

ジツは、生涯「ガン」で亡くなる確率は、40代の男性で4人に1人となり、
EDと同じ確率だという何とも言えない事実もあります。

 

このことから、日本人男性は40歳をすぎると、EDだけではなく
生命の危険も大きくなる傾向があるようです。

 

男性更年期障害も40代からが増えている。

 

ED(勃起不全)になる3つの原因

 

EDのほとんどが器質性EDと言われ、加齢やストレス、神経の障害
が原因とされている。

 

特に40代の男性は加齢によるEDの割合が多いようです。

 

加齢よるED

 

加齢で一酸化窒素の低下や、血管が老化したり血管が縮小したり、
弾力が無くなることで海綿体に血流が送られなくなることで
勃起しない原因になります。

 

糖尿病や高血圧、生活習慣病、肥満などに
心当たりがある男性は、血管性EDの疑いがある。

 

この症状の場合は、精力剤からED克服を試みても
効果がでる可能性が高いと考えます。

 

タバコの吸いすぎや、酒の飲みすぎ、食べすぎの改善にも
注意することがポイント。

 

 

精神的ストレスによるED

 

「勃たない」「萎える」というと思い浮かぶのが、
精神的なものではないでしょうか?

 

ストレス性のEDは、40代の中高年だけではなく、
20代の若者でも悩んでいるんです。

 

女性からの言葉の暴力が引き金になりトラウマになって勃たなくなる事があります。

 

精力サプリの中でも、精神的に有効な成分が含まれている物がある。
緊張・ストレス・プレッシャーで勃たない男性は、まず精力剤で効果を検証してみるべきではないでしょうか。

 

またバイアグラは、あくまでも強制的に勃たせる事はできます。
しかし、そもそも気持ちが高揚、興奮しなければ勃つことができません。

 

どちらにしても、あなたのことを愛してEDの現実も受け止めてくれる
パートナーの存在が重要です。 

 

精神的ストレスは、個人によって大きく異なるので、
闇が深いストレスの場合は、医師やカウンセラーの診断をお勧めします。

 

 

神経の障害によるED

 

脳出血や病気などで、自律神経障害を起こしたため勃たなくなる。

 

脳からペニスに血液を流す信号が伝えられないため血流を抑えられEDの原因になる。

 

これが原因のEDの改善は精力剤では難しいだろう。

 

バイアグラを飲めば勃つということだが、根本的な改善にはならず、
ED克服には遠そうです。

 

他にも、ガンの手術や交通事故の影響でEDになることもあるようです。

 

まとめ

 

精力剤は、強制的ではなく自分の力を高めて勃起力をアップする。

 

即効性はないが、体を本来の健康状態に戻すことで勃起を促すことになる。

 

長期的に見ても、健康面から考慮しても、重度のEDでなければ、
まずはじめに精力剤からED克服に向けていくのが良いです。

 

私が選んだ精力剤を視野にいれてみてはどうでしょう?