アルギニン 副作用

アルギニンには副作用があるのか?ED改善前に知るべき症状

 

アルギニンについて調べていると、副作用に関して
問題がありそうなので調べてみることにしました。

 

EDを改善して至福のナイトライフのはずが、副作用で体調を壊しては赤字すぎです。

 

アルギニンはアミノ酸なので基本的には副作用はないけど、
過剰摂取や病の方は要注意すべきです。

 

ここでは、アルギニンの副作用の種類と注意点、正しい摂取量について伝えていきます。

 

アルギニンの副作用の種類

 

アルギニンの副作用について調べると以下のような副作用の
症状が気になってる人がいることがわかりました。

  • 統合失調症
  • 緑内障
  • 肝臓
  • 心臓
  • 下痢
  • 眠気
  • 痛風
  • ヘルペス

ただ、全てこれらの症状がでるわけではないので、1つずつ解説していきます。

 

アルギニンの副作用で「統合失調症」になる

 

わかったことは、アルギニンの副作用で統合失調症になるわけではなく
統合失調症の人は、アレルギンを個人判断で摂取するのは危険行為であると
言うことです。

 

統合失調症は脳内神経物質の機能に何らかの問題がある。
脳内神経物質はアミノ酸であり、アルギニンもアミノ酸でできている。
アレルギンの摂取量を謝ると、統合失調症を悪化させる恐れがあるようです。

 

どうしても、アルギニンが含まれるサプリで、生殖能力を強化したいなら
医師に良く相談してからにすべきでしょう

 

アルギニンの副作用で「緑内障」になる

 

アルギニンのサプリを飲んだからといって、副作用で緑内障になることはないと言えます。
ただし、サプリによっては、緑内障の方は使用を控えるように注意書きもあります。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を助けるので、老化防止になり緑内障の予防にも
なるようです。
だが、すでに緑内障の方には、アルギニンの効果のひとつでもある血管拡張効果が
緑内障を悪化させる
ようなので、医師への相談が欠かせません。

 

アルギニンの副作用で「肝臓」に負担がかかる

 

アルギニンと肝臓の服作用の関係は認められていません。

 

逆にアルギニンによって、肝機能が良くなることが考えられます。
アレルギンは、肝臓でアンモニアの解毒作用があるので、成長ホルモンを分泌
させる働きがあり、アルギニンが不足することで、肝臓の解毒機能が低下します。

 

アルギニンは肝臓の良くするのであって副作用はない。

 

注意すべきポイントは、適切な摂取量を守ること。
特に肝機能に障害がある人は避けたほうがいいかもしれません。

 

アルギニンの副作用で「心臓」が悪くなる

 

アルギニンが心臓に対して何らかの副作用があることは認められていません。
アレルギンは心臓の動脈kの血流を改善し、動脈血栓、狭心症、冠動脈疾患の症状
を改善したという事がわかりました。

 

アルギニンは心不全の予防や改善にも期待がされている。

 

仮に体調が悪くなっても、アルギニンの摂取自体をやめれば
すぐ体調の悪化は治まります。

 

アルギニンの副作用で下痢になる

 

アルギニンの副作用で「下痢」になるということはよくいわれています。

 

アレルギンは天然の成分なので副作用は基本的にはないですが、
摂取しすぎると消化器官への負担がまし、下痢になることがあります。
サプリなら一気に飲んだり、多く飲むと下痢になりやすい。

 

体調不良のときは控えたほうが無難です。
また、回数や量を分けて飲むことをおすすめします。

 

アルギニンの副作用で「眠気」が襲う

 

アルギニンを摂ることで眠気が襲うということも耳にするが本当だろうか?
結果として、アルギニンの副作用で眠気がでることはないでしょう。

 

アルギニンは、カフェインと同時に飲むことで眠気覚ましにに
なるともいわれています。
また、脳波測定の結果では集中力が高まったという報告もあるようだ。
アルギニン+カフェインは、作業効率・集中力UP、覚醒効果が確認されている。

 

アルギニン精力剤を飲んで、夜の営みでも覚醒して女性を満足させる男性になってほしいです。

 

アルギニンの副作用で「痛風」になる

 

アルギニンを飲んだら痛風になったという報告があるようです。

 

実はこれは、アルギニンを飲んで痛風になったのではなく、
痛風の人がアルギニンを飲んで体調が悪化した
とのが事実です。

 

痛風持ちの人は、そもそも腎機能が低下している。
そこにきてアルギニンを過剰摂取したために、より内臓が悪化して、
腎機能障害や肝機能障害になるようです。

 

アルギニンは摂取量には要注意だ。ただ、量さえ守ればナニも心配はいらない。

 

アルギニンの副作用で「ヘルペス」になる

 

ヘルペスウイルスにアルギニンを与えると、ヘルペスウイルスは増える
という研究結果があります。

 

ヘルペスの人がアルギニンを摂り入れると、再発しやすいといわれている。
アメリカの研究で、アルギニンは、ヘルペスウイルスを活性化するという発表があります。

 

ヘルペスはアルギニンに関わらず、アミノ酸を栄養分にしている。
たが、高濃度のアルギニンを摂り入れれば、ヘルペスは抑制できるという
報告もあります。

 

ヘルペスを回避するには「リジン」という成分をバランス良く摂ることで、
アルギニンが1に対してリジンが4の割合が好ましいといわれています。

 

1日のリジンの推奨摂取量は2100mg。量を守って飲むことを忘れずに。

 

まとめ

 

いろんな副作用があるが、健康的な男性には副作用は認められない。

 

勃起不全には、アルギニンが必要不可欠であり、昔の自分を取り戻すには
アルギニンが最強だと当サイトでは判断しています。

 

 

副作用のないアルギニンの精力サプリはこちら